tohokujyo 「縄文文化と東北地方―東北の基礎文化を求めて」 目次  前項  次項
第3章 東北の縄文文化
2 東北地方の縄文文化の流れ
(1) 東北縄文文化の幕開け 青森県大平山元遺跡

 ここでは、トピックスとなるような身近な遺跡を例にとりながら、東北地方の縄文文化 の流れをおおまかに整理していく。


 青森県蟹田町の大平山元(おおだいやまもと) 遺跡は、東北の縄文文化の幕開けを語 るに欠かせない遺跡である。昭和46(1971)年、青森県立郷土館に寄贈された一本の磨製石斧がその発見のきっかけとなる。それまで、中部地方や青森県長者久保遺跡で散見されていた刃部のみに磨いた部分のある大形な石斧。この石斧こそ、旧石器時代末期の特徴的な磨製石器であった。
 当時、この時期の遺跡に関しては、東北地方ではまだ本格的な調査例がなかった。そのため、郷土館は早速に学術調査を企画、その結果、この石器と同じ包含層から予想だにしなかった土器が出土したのである。この土器は非常に脆く、細片ではあったが、無文で隅丸方形の平たい底部をもつ鉢形土器であることが判明、それまで土器の伴わない段階と見られていたこの時代に、既に土器がつくられていたことを初めて明確に知らしめることとなった。時あたかも、茨城県後野(うしろの)遺跡から、旧石器時代終末期の大陸起源の石器細石刃に伴う無文の平底土器が発見され、縄文土器が九州北部の“歴史的事件”として発生し次第に日本列島を東進していったというそれまでの 考えに、再考が促された矢先でもあった。
 大平山元遺跡から出土した土器は、縄文土器の祖源を示すものであると同時に、土器の起源が、かつて山内清男の主張したように、樺太・北海道経由の北方ルートを通って、遠くシベリアに求められる可能性を再び示すものともなった。ただ、現在でも、この土器の評価については研究者によってまちまちで、必ずしも定まってはいない。
 縄文土器の起源は、口縁部にみみずばれ状の装飾のある「隆起線文土器」が、北海道以外の日本列島各地に分布した明確な様式を持つ最古のものとして語られるが、大平山元遺跡から出土した土器はそれに先行する、さらに祖源的な土器と目され、組み合う石器も旧石器時代末期のものである。しかし大陸側には、今のところ、1万年以上の古さを持つ土器の発見がないのである。
 しかし、いずれにせよ、日本最古段階の土器のひとつが、津軽半島から出土している事 実は、縄文文化黎明期の東北地方に、それを十分受け入れるだけの文化力が備わってい たことを意味し、重要である。


目次  この項の始まり  前項  次項